トラックドライバーの確保にお困りの方

深刻なドライバー不足

長時間労働や低賃金等過酷な労働環境から深刻な人手不足の他、
長時間労働の短縮等コンプライアンス遵守の要請が高まっている。

この記事の
ポイント
  • ドライバー不足の現状
  • 一貫パレチゼーションの特徴(メリット/デメリット)
  • パレット化で解決(三甲リースの強み)

ドライバー不足の現状

近年、ドライバー総務人口の約半数以上が50歳以上の割合となっており、若年層の新規就業者が少ない傾向です。今後さらに、若手の人手不足と高齢化が加速することが見込まれております。

大型貨物車ドライバー雇用者数の推計

ドライバー不足の背景には、トラックの席効率の悪さが大きな原因の一つであります。解消するには、パレット積みのまま、発送から到着の荷降ろしまで一貫して輸送する「一貫パレチゼーション」が必要となります。

  • 荷積み・下ろし時間削減
  • 手荷役の負担減
  • 商品保管場所削減

一貫パレチゼーションの落とし穴

一貫パレチゼーションにより、積載効率は高くなりますが、いくつか問題点もあります。

問題点
  • パレットの回収率が悪い、必要以上のパレット確保が必要
  • 空パレットの返送費・管理費がかかる
  • 在庫偏在がある

その悩み、三甲リースにお任せください!パレットのレンタル化(共同使用)で、
空パレット返送(静脈物流)が、商品積載して出荷(動脈物流)に

三甲リースからのご提案

パレットのレンタル化でによる共同利用

改善点
  • 圧倒的な拠点数により返送コストダウン
  • パレットの管理コストダウン
  • メーカー直結である為、在庫偏在にも即時対応