DUMMY

出荷荷姿の効率化

柿はサイズ別に選果されたあと、手作業で出荷容器に詰められます。段ボールの場合、輸送中の振動により
荷崩れの心配がありましたが、コンテナーの場合は安定した段積みが可能です。

この記事の
ポイント
  • 商品ロスの削減
  • 作業効率の向上

荷崩れによる商品ロス

柿の出荷時期は9月から11月末ですが、その期間は詰め込み作業と出荷で非常に忙しくなります。和歌山県から関東の消費地など、産地から遠方への出荷は、輸送中の振動により段ボールでは荷崩れが発生してしまうリスクがありました。荷崩れを起こしてしまうと、中にある柿が潰れてしまうこともあり、その分ロスが発生しておりました。

問題点
  • 輸送途中の荷崩れ⇒商品ロス

その悩み、三甲リースにお任せください!プラスチックコンテナのレンタルにより問題を解決できます

三甲リースのコンテナーはプラスチックのため、安定した段積みのまま、安心して出荷することが可能です。また、レンタルコンテナーの場合、売り場にそのまま並べることが可能であり、品出し作業を省くことができます。また、空になった場合には簡単に折りたたむこともできるので、全体的に人件費の削減へ繋がります。

改善点
  • 収穫から店頭までの作業効率の向上
  • 輸送中の品質保持

製品案内