DUMMY

レタス(農作物)

作業負担の効率化

レタスは収穫後に水で洗い流す作業が必要です。段ボールの場合、洗浄には使用できません。
また、レタスの洗浄後に段ボールに収納すると、段ボールの強度が落ち、重ねた際に荷崩れが発生します。

この記事の
ポイント
  • 商品ロスの削減
  • 作業効率の向上

商品ロスの削減

レタスは収穫後、水で洗い流す作業が必要です。しかし、そのまま段ボールに詰め込むと、湿気により段ボールの強度が落ちてしまい、荷崩れが発生して中のレタスの品質を落としていました。

また、圃場で収穫し、選果場で段ボールへ詰め替えするという手間が発生し、作業時間が多くなっていました。

問題点
  • 湿気による荷崩れ⇒商品ロス
  • 自社コンテナから段ボールへ詰め替えする作業負担

その悩み、三甲リースにお任せください!プラスチックコンテナのレンタルにより問題を同時に解決できます

収穫し終えたレタスをコンテナに収納したまま、水洗いすることが出来ます。
プラスチックの為、湿気による強度低減はなく、安定した段積みのまま、安心して出荷することが可能です。

レンタルコンテナの場合、圃場に持ち込みそのまま出荷することが可能となり、詰め替え作業を省くことが出来ます。さらに、人件費の削減へ繋がります。

改善点
  • 産地様の販売価格最大化
  • コスト削減

製品案内